スポンサーリンク

ガジェット

オーディオDAC買ってみた!Fosi Audio DAC-Q4

サブスクで契約しているApple Musicがロスレスオーディオに対応した。

今までは、CD音質(44.1kHz/16bit)でしたが、最大48kHZ/24bitまででAppleデバイスでそのまま再生できます。

192kHz/24bitまでの“ハイレゾリューションロスレス”に対応。ハイレゾロスレスの再生には、USB DACなどが必要となる。

実際に音質や聞こえ具合が違うのか聴き比べてみた。

iPhoneにアップル純正のイヤホン ジャック 変換アダプターを接続して、ヘッドフォンで聞いてみた

スポンサーリンク

イヤフォン ジャック 変換アダプターにて

実際、モニターヘッドフォンにて聞いてみましたが、やはり、さほど変わらないと思います。

iPhoneの設定は、ロスレスオーディオを設定です

audient Evo4にて

ハイレゾロスレスの再生には、USB DACなどが必要となる

ということなので、オーディオインターフェイスで再生してみました。

おっと、実際に聞いた感じが違います。

音や音楽が広がったというか、今までの 標準のAACファイルでは、頭の大きさの音楽でしたが、

ロスレスでは、一回り以上の大きさを感じ、曲とボーカルがしっかりと聴ける感じです。

____素人感想______

そこで、折角なので、

オーディオダック(DAC)を買ってみました。

Fosi Audio DAC-Q4

いきなり高級機などではなく、Amazonで6000円でした。

ヘドフォンもモニター用しか持っていませんし・・・・

さて、どう聞こえるか・・・・

まとめ

DAC-Q4を接続してヘッドフォンで聞きました。

audient Evo4と同じで、

音や音楽が広がったというか、今までの 標準のAACファイルでは、頭の大きさの音楽でしたが、

ロスレスでは、一回り以上の大きさを感じ、曲とボーカルがしっかりと聴ける感じです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5