スポンサーリンク

Apple Mac

MacでのAudio MIDI設定(結構重要です)

MacのAudio MIDI設定を確認してますか?

ここ↓にあります

Macのオーディオ設定は、「システム環境設定」の「サウンド」とは違います。

オーディオ品質にかかわってきます。

Audio MIDI設定のアプリを開くと、

こういう画面に鳴ります。

Macのデフォルトでは、フォーマットが「44.1kHz」がデフォルトです。

(表示では、48.0kHzになっていますが)

「44.1kHz」は、CDの音質です。

このフォーマット(サンプルレート)を変更することで、高音質化できますよ。

スポンサーリンク

Audio MIDI設定

参考:Apple Music のロスレスオーディオについて

Mac でロスレスオーディオを聴く方法

必要なもの

最新バージョンの macOS にアップデートした Mac で、以下のデバイスを使ってロスレスオーディオを聴くことができます。

  • 有線接続のヘッドフォン、レシーバー、または電源内蔵スピーカー
  • 内蔵スピーカー
  • 14 インチの MacBook Pro および 16 インチの MacBook Pro は、最大 96 kHz のサンプルレートで曲のネイティブ再生に対応しています。
  • ほかの Mac でサンプルレートが 48 kHz を上回る曲を聴くには、外付けの DA (デジタル/アナログ) コンバータが必要です。

ロスレスのオン/オフを切り替える方法

  1. Apple Music App を開きます。
  2. メニューバーから「ミュージック」>「環境設定」を選択します。
  3. 「再生」タブをクリックします。
  4. 「オーディオの品質」で、「ロスレスオーディオ」を選択または選択解除して、オン/オフを切り替えます。この画面で、ロスレスのストリーミングやダウンロードの設定を変更することもできます。
    • ロスレス:最大解像度 24 ビット/48 kHz
    • ハイレゾロスレス:最大解像度 24 ビット/192 kHz

Audio MIDI設定を開く

Mac のオーディオ出力フォーマットを変更(MacBook Proのスピーカー設定の場合)

選べるフォーマットは、

  • 44,100 Hz
  • 48,100 Hz
  • 88,200 Hz
  • 96,000 Hz

です。

ヘッドフォン端子に接続した場合も同じく選択できます。

96.000 Hzを選択すれば、2ch 32ビット 96kHzの高音質になります。

ハイレゾ音源での再生

Macの高音質化はできても、32ビット/96 kHz対応の音源で再生しなくては、高音質の恩恵は受けられませんので、

アマゾンミュージックHDやSpotifyなどを利用するといいと思います。

AppleMusicも、ロスレスオーディオの配信がありますので、それを利用するのもいいかもです。

DACやオーディオインターフェースや仮想オーディオデバイスの設定

参考:オーディオDAC買ってみた!Fosi Audio DAC-Q4

Audio MIDI設定でDACやオーディオインターフェース、仮想オーディオデバイスの設定も変更できます。

特にDACやオーディオインターフェースでは、その機器に対応した設定に変更すればもっと高音質化が可能です。

注意点:仮想オーディオデバイスの場合は、フォーマットを出力するもの(ヘッドフォンやDAC、スピーカー等)に合わせつ必要がある場合があります

まとめ

設定をしっかりと高音質化して、いい音で聞きましょう(*^^*)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Apple, Mac

© 2022 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5