PR

【OBS Studio】アップデート情報(29.1.3)

スポンサーリンク
OBS Studio
スポンサーリンク

【OBS Studio】アップデート情報(29.1.3)

アップデート情報

  • デフォルトでは表示されないサービスのサービス選択のリセットを修正 [derrod]
  • Source Recordプラグインなどで、コールバックでプロパティが削除されるとクラッシュするのを修正 [derrod]
  • 一部のコンテキストメニュー項目でキーボードショートカットが表示されない問題を修正 [cg2121]
  • 非ASCIIテキストを含む Freetype 2 テキストソースでのクラッシュを修正 [norihiro]
  • AMF エンコーダの再構成と動的ビットレートが機能しない問題を修正 [rhutsAMD]
  • AMF プリセットのフォールバックが GPU の報告されたスループットを考慮しないのを修正 [rhutsAMD]
  • プロパティダイアログが “キャンセル” ボタンで閉じられないバグを修正 [tuduweb]
  • ウィンドウキャプチャとゲームキャプチャの互換性通知が誤って表示されるのを修正 [notr1ch]
  • obs-websockets 終了時の潜在的なクラッシュを修正 [tt2468]
  • Lua スクリプトをアンロードする際のクラッシュを修正 [xahon]
  • テキストソースに対して作成される不要な元に戻す/やり直しエントリを修正 [exeldro]
  • macOS 14 ベータで白い背景が表示される macOS キャプチャを修正 [gxalpha]
  • macOS グラフィックス スレッド タイマーの精度を修正 [kc5nra]
  • 「ソースツールバーを表示」および「ソースツールバーを非表示」ホットキーを使用したときに、表示メニューのチェック可能な「ソース ツールバー」メニュー項目が更新されないバグを修正 [norihiro]
  • クイックトランジションの「フェード」と「黒にフェード」の切り替えが正常に動作しない不具合を修正 [norihiro]
  • 音声チャンネル、サンプルレート、および低遅延音声バッファモードが正しく保存されないことがある音声設定のバグを修正 [norihiro]
  • 新しいグループを追加するときに「グループ」のプレースホルダーテキストが適切にローカライズされないバグを修正 [norihiro]

【OBS Studio】アップデート情報(29.1.2)

アップデート情報

  • Windows 設定でハードウェア アクセラレーション GPU スケジューリング (HAGS) が有効になっている場合の GPU 優先度レベルを調整しました [derrod]
    • これにより、NVIDIA オーディオ エフェクト フィルターを使用するときに一部のユーザーが経験した OBS のフリーズとドライバーのクラッシュが修正されます。
    • 当社は引き続き NVIDIA と協力してこれらの問題の根本原因を特定し、後日この変更を再検討していきます。
  • スティンガーを中断するときに発生する可能性があったクラッシュを修正 [Lain]
  • 非マルチビュー プロジェクターをダブルクリックしたときのクラッシュを修正しました [notr1ch]
  • 存在しないサービスが選択されたときに設定を開く際のクラッシュを修正しました [derrod]
  • 複数の SIGINT シグナルを受信した場合のクラッシュを修正 [norihiro]
  • バックグラウンドスレッドが完了していないときに OBS を閉じるとクラッシュする問題を修正しました [norihiro]
  • VideoToolbox エンコーダ [gxalpha] のキーフレーム間隔の計算を修正しました。
  • シーン コレクションを切り替えるときに「ソース クリーンアップ エラー」が表示されることがある問題を修正しました [derrod]
  • ソース出力モード使用時の仮想カメラでのリファレンス リークを修正 [derrod]
  • macOS [gxalpha] でメイン ウィンドウの後ろに消えてしまう欠落ファイル ダイアログを修正しました。
  • ストリーミングまたは録音用にオーディオ トラックを選択しないと出力の開始に失敗する可能性がある問題を修正しました [gxalpha]
  • 変換がリセットされるまでソースが永久に見えなくなる問題を修正しました [Lain-B]
  • PulseAudio使用時のオーディオモニタリングを修正 [jp-bennett]
  • 一部の翻訳テキストが欠落していたのを修正 [norihiro]
  • 一部のシナリオでプロパティが更新されない問題を修正しました [gxalpha]
  • シーンリストグリッドモード使用時のボタンの色を修正[TianQiBuTian]
  • Lua スクリプトのファイル名が設定されない問題を修正 [derrod]

【OBS Studio】アップデート情報(29.1.1)

Apple Siliconをネイティブサポートした「OBS Studio v29.0」の初のマイナーアップデートとなる「OBS Studio v29.1」をリリース

以下アップデート内容です。

新機能と追加機能
拡張 RTMP を介した AV1/HEVC ストリーミングのサポートを追加 [YouTube/yuriy-chunak/derrod]
Enhanced RTMP V1 は、新しいビデオ コーデックと HDR をサポートするために RTMP プロトコルを拡張します。詳細については、https://github.com/veovera/enhanced-rtmp をご覧ください。
現在、ベータ機能として YouTube でのみサポートされている/有効になっています
HDRはまだ実装されていません
シンプル出力録音 [pkv] で複数のオーディオ トラックのサポートを追加しました
Windows 用の DLL ブロック機能を追加しました。これにより、OBS は、サードパーティのオーバーレイ フックや古いビデオ キャプチャ デバイスなど、問題のある DLL が OBS に接続されてフリーズやクラッシュを引き起こすことをブロックできます。 [notr1ch]
これにより、ビデオ キャプチャ デバイスのプロパティにアクセスするときにフリーズを引き起こすことが知られている、一般的な VTubeing ソフトウェア仮想カメラの古いバージョンがブロックされます。影響を受ける場合は、VTuber ソフトウェアの最新バージョンに更新してください。
ストリーミングおよび録音用のオーディオ エンコーダーを選択する設定を追加 [tytan652]
移行中のフレームスキップを避けるために、スティンガーで使用されるメディアソースをメモリにプリロードするオプションを追加しました [Jim]
macOS に更新チャネルを追加し、今後の小規模かつ高速な更新のために Sparkle を更新しました [derrod]
Windows のウィンドウおよびゲーム キャプチャ ソースに互換性に関する通知を追加 [derrod]
Ctrl - と + および右クリック メニューを使用してブラウザ ドックをズームする機能を追加しました [WizardCM]
断片化された MP4 および MOV 形式で記録する設定を追加しました [derrod]
これらは、MKV より優れた互換性を提供しながら、クラッシュやスペース不足などによるデータ損失に対しても同様の回復力を提供します。
断片化された MP4 および MOV ファイルが正しく読み取れない場合 (例: 古い編集ソフトウェア)、断片化された MP4 および MOV ファイルを通常の MP4/MOV に再多重化できます。
AJA キャプチャ カードのサラウンド サウンドのサポートを追加 [paulh-aja]
macOS 上の VideoToolbox エンコーダに ProRes 4444 (XQ) サポートを追加 [jpark37]
ロスレスオーディオ録音オプションを追加しました (32 ビット浮動小数点を含む FLAC/ALAC/PCM) [derrod]
オーディオ ソースのミュートが解除されているが、どのオーディオ トラックにも割り当てられていない場合のインジケーターを追加しました [derrod]
AMD AV1 エンコーダをシンプル出力モードに追加 [notr1ch]
一般的な変更点
macOS の最小バージョンを macOS 11.0 に引き上げました [PatTheMav]
スケーリングされた解像度が現在のビデオ出力解像度と一致する場合、出力の再スケーリングは無視されます [notr1ch]
NVENC エラー メッセージに詳細が含まれるようになりました [notr1ch]
デフォルトのFFmpeg AACエンコーダをより高品質なtwoloopに変更しました [norihiro]
VST パスのシンボリック リンクを許可する [tuduweb]
AMF エンコーダー用に QVBR を実装 [flaeri]
VLC ソースの字幕トラックのサポートを拡張 (最大 1000) [jjm2473]
設定の [ホットキー] タブは、切り替えられるまで読み込まれなくなり、その結果、大規模なシーン コレクションの場合に [設定] ウィンドウがはるかに速く開くようになりました [derrod]
ルックアップにハッシュ テーブルを使用するようにさまざまな内部データ構造を切り替え、その結果、大規模なシーン コレクションでのパフォーマンスとロード/保存時間の大幅な向上が実現しました [derrod]
エクスポートされたシーン コレクションの JSON がきれいに出力され、並べ替えられるようになり、git やその他のバージョン管理メカニズムを介して簡単に追跡できるようになりました [derrod]
アップデート後の変更ログダイアログを手動で開くための「新機能」エントリをヘルプメニューに追加しました [derrod]
プロパティの「デフォルト」ボタンをクリックすると、[derrod] をリセットする前に確認を求めるようになりました。
Zstandard 圧縮を使用することで、Windows OBS アップデーターの速度が向上し、ダウンロード サイズが削減されました [derrod]
すべてのオペレーティング システムに影響を与えない変更や問題をより適切に伝えるために、プラットフォーム固有の「新機能」通知を追加しました [derrod]
Windows 10+ モードで SDR Window Capture キャプチャを強制するオプションを追加 [jpark37]
双線形スケーリングを使用して YouTube サムネイル プレビューを改善 [derrod]
互換性のないオーディオ/ビデオ エンコーダは、選択した形式に基づいて無効になります [derrod]
HEVC と HDR のサポートを VA-API エンコーダーに追加しました [yuriy-chunak]
DeckLink ソースの HDR キャプチャ サポートを追加 [jpark37]
ソース リストのオーディオ ソースの右クリック メニューにビデオ関連の項目が表示されなくなります [cg2121]
ネイティブ macOS ダイアログは、ダーク テーマに設定されている OBS を考慮するようになりました [gxalpha]
Linux 上の Intel 専用 GPU での画面キャプチャのパフォーマンスが大幅に向上 [kkartaltepe]
Linux 上の JACK 入力では、その起源を明確にするために名前に「OBS Studio」が表示されるようになりました。これにより、ユーザーが更新するまで、既存の構成済みデバイスが動作しなくなる可能性があります [univrsal]
システム カラー選択ダイアログが macOS で使用されるようになりました [gxalpha]
より予測可能なユーザー エクスペリエンスを実現するための T バーのさまざまな改善 [gxalpha]
OBS がポータブル モードで実行されている場合、システム全体にインストールされたプラグインが読み込まれなくなりました [gxalpha]
メディア ソースのハードウェア デコードで CUDA を使用できるようになりました [rjgtav]
DeckLinkのパフォーマンスの向上 [jpark37]
Python 3.11 がスクリプトでサポートされるようになりました [RytoEX]
Flatpak に FDK AAC サポートを追加 [tytan652]
ブラウザドックに「ページアドレスをコピー」オプションが提供されるようになりました [WizardCM]
ブラウザソースの最大解像度を 8192x8192 に増加しました [fungiboletus]
OBS Websocketが5.2にアップデートされました【RytoEX】
大文字と小文字を区別せずにソートするように [ソースの追加] メニューを変更しました [gxalpha]
Windows 上のほとんどの Elgato ビデオ キャプチャ デバイスのデフォルトのバッファリング動作が改善されました [FBirth]
QSV エンコーダーのコーデック ロギングを追加 [RytoEX]
ホットキー編集レイアウトの余白を対称にしました [gxalpha]
アクティブなエンコーダが動的ビットレート [pkv] と互換性がない場合のログを追加しました
バグの修正
高いフレームレートでマルチトラックオーディオを使用すると出力が静かに開始されない問題を修正 [kkartaltepe]
NVENC プリセット p6 または p7 を使用すると動的ビットレート変更が機能しない問題を修正 [pkv]
エンコーダが設定で変更された場合にエンコーダ設定が更新されない問題を修正 [tytan652]
解像度が頻繁に変更されるビデオ ソース (VLC プレイリストなど) を使用するときに発生する可能性のあるクラッシュを修正しました [notr1ch]
メディア ソースでストリームを使用するときに発生する可能性のあるクラッシュを修正しました (v29 で導入) [notr1ch]
上向きコンプレッサー [pkv] の負のゲインの問題を修正しました。
色変換に関連する FFmpeg カスタム出力のいくつかのバグを修正 [flaeri]
大規模なコレクションでホットキーや重複したキー割り当てを検索するときの UI の応答不能を修正しました [derrod]
サーバーが、エラーによる切断ではなく、OBS が接続を正常に終了したと認識し、「切断保護」などの機能をアクティブにしない可能性がある RTMP タイムアウトに関する問題を修正しました [notr1ch]
ウィンドウのサイズが変更されるまでプロパティが切り取られる問題を修正 [derrod]
アップデート後にポータブル Windows バージョンがポータブル モードで再起動しない問題を修正 [derrod]
[derrod] を実行している無関係な OBS インスタンスによってブロックされるインストールの更新を修正しました
プレビューでソースが選択されている場合の過剰な構成読み取りを修正しました [derrod]
サードパーティのプラグインがロードできないときにリセットされる、サードパーティのプラグインによって提供されるソースのオーディオ トラック割り当てを修正しました [derrod]
無効な再スケーリングされた解像度が許可されるべきでない場合に許可される問題を修正しました [tuduweb]
Expander フィルターのプリセットが変更をすぐに適用しない問題を修正 [tuduweb]
Windows 上の仮想カメラが外部アプリに間違った解像度を報告し、画像が引き伸ばされてしまう問題を修正しました [exceldro]
[名前の変更]をクリックした後、シーンの名前を変更しないでシーンをドラッグ アンド ドロップできる機能を修正しました [cg2121]
アクティブなプロジェクターを備えた外部ディスプレイが切断されたときに発生する macOS 上のクラッシュを修正しました [PatTheMav]
.ts ファイルの再多重化が失敗する問題を修正しました [tuduweb]
大きなビデオ (例: 4K) が水平方向に潰れてしまう VLC ソースの問題を修正しました [CoalZombik]
ソースが回転および反転されたときに正しく表示されない間隔ヘルパーを修正しました [cg2121]
いずれかの方向にズームしすぎるとプレビューが正しく表示されない問題を修正しました [cg2121]
macOS 仮想カメラが外部アプリをクラッシュさせたり、間違った長さで録画したりする可能性がある問題を修正しました [mac-cain13]
PulseAudio 使用時のモニタリングに関するさまざまな修正 [kkartaltepe]
Linux 上の仮想カメラによるシャットダウン時のクラッシュを修正 [kkartaltepe/norihiro]
キャプチャ デバイスのフレーム レートが無効になり、信じられないほど大きなログ ファイルが生成される可能性がある Linux 上の V4L2 ソースの問題を修正しました [9p4]
PulseAudio モニタリング デバイスの入力リストが誤ってリストされていた問題を修正しました [jp-bennett]
手動で拡大縮小すると、プレビューが無限にスクロールして表示されなくなる問題を修正しました [cg2121]
同期ソースに対して互換性のない非同期フィルターを表示する非同期フィルターのリストを修正しました [gxalpha]
Wayland の特定のゲームでカーソルが適切に消えない問題を修正しました [rmngr]
[デフォルト]ボタンをクリックしたときに特定のフィルターが正しく更新されない問題を修正しました [gxalpha]
B フレームを使用するときに FFmpeg NVENC が無効な DTS を生成する問題を修正しました [RytoEX/flaeri/derrod/tt2468]
メディア ソースのネットワーク ソースが再接続時にレンダリング/UI フリーズを引き起こす可能性がある問題を修正しました [tt2468]
2.1 オーディオの AAC エンコードを修正 [pkv]
メイン ウィンドウにフォーカスがあるときにスペースを押すとアクティブなメディア ソースが予期せず一時停止する問題を修正しました [cg2121]
シーンを複製するとソースのカラーコーディングが失われる問題を修正しました [cg2121]
ブラウザドック検査は設定とカスタマイズを記憶するようになりました [WizardCM]
HDR -> SDR が正しくトーンマッピングされない場合がある問題を修正 [jpark37]
シンプルモードのリプレイバッファの最大値が設定されていない問題を修正 [derrod]
Windows のみの RTMP オプション (ネットワーク最適化など) が有効になっている状態でプロファイルが Windows 以外にインポートされた場合に問題が発生する問題を修正しました [tytan652]
英語以外のロケールで実行しているときに空白として表示されるセキュリティ ソフトウェアのステータス ログを修正しました [notr1ch]
特定のシステムのローカリゼーションが Windows で Lua ファイルをロードできないバグを修正しました [exeldro]
PipeWire サーバーの古いバージョンを使用した Flatpak でスクリーン キャプチャがクラッシュする問題を修正 [tytan652]
Linux 上のプッシュ トゥ トークがマウスの二次ボタンに割り当てられている場合に機能しない問題を修正しました [KasinSparks]
NVENC AV1/HEVC 使用時の CBR パディングを修正 [derrod]
Auto Scene Switcher が設定を正しく保存しない問題を修正 [PatTheMav]
AMF エンコーダの使用中に動的ビットレートを一時的に無効にすることでストリーミング時にクラッシュする問題を修正 [derrod]
CRF モードの Apple VT ハードウェア エンコーダで行われた録音が初期キーフレームを 1 つしか持たない問題を修正 [derrod]
Decklink のパフォーマンスに対するさまざまな改善と修正 [jpark37]
PipeWire を使用して Wayland で透明ウィンドウが誤ってキャプチャされる問題を修正 [asahilina]
ソースが反転されたときのソース回転ハンドルの問題を修正しました [cg2121]
Decklink デバイスが利用できない場合の Decklink 出力のクラッシュを修正しました [jpark37]

【OBS Studio】アップデート情報(29.0.2)

OBS Studio29.02が公開。バグフックスのようです(^o^)

【OBS Studio】アップデート情報(29.0.0)

OBS Studioのメジャーアップデートです。

特徴

  • Windows 上の RX7000 シリーズ GPU 用の AMD AV1 Encoder のサポートを追加 [AMD/Jim]
  • Windows 上の Arc GPU 用 Intel AV1 Encoder のサポートを追加 [Intel/Jim]
    • 注: CQP は利用可能ですが、完全にはサポートされていません
  • Windows で Intel HEVC Encoder のサポートを追加 [yuriy-chumak/rcdrone/Jim]
  • 上向き圧縮フィルターを追加 [pkv]
  • 3 バンド イコライザー フィルターを追加 [Jim]
  • P010 および HDR を含む、macOS でのネイティブ HEVC および ProRes エンコーダーのサポートを追加 [Developer-Ecosystem-Engineering/PatTheMav/gxalpha]
  • macOS Desk View のサポートを追加 [Developer-Ecosystem-Engineering]
  • ベータ/リリース候補ビルドを Windows に受け取ることを選択するための更新チャネルを追加 [Rodney]
    • サーバー側ですべてを準備するための作業はまだ進行中です。組み込みのアップデーターを介した更新は、OBS 30.0 ベータ テスト期間の後半まで利用できない可能性があります。
  • Websockets が 5.1.0 に更新されました。これには、多数のバグ修正、UI の改善、および新しいストリーム再接続イベントが含まれています。[tt2468]

微調整と改善

  • リプレイバッファのメモリ制限は、8GB 固定ではなく、インストールされたシステム RAM の 75% に設定されました [Rodney]
  • Linux にメディア キーのサポートを追加 [kkartaltepe]
  • マスク リフレッシュ スライダーや一時処理のサポートなど、NVIDIA ビデオおよびオーディオ フィルターのさまざまな改善により、マスキングの品質が向上しました [pkv]
  • Windows でのディスプレイ キャプチャ画面の名前付けと保存の改善。モードに関係なくインデックスが一致するようになり、再接続されたディスプレイは正しいモニターを表示するはずです [jpark37]
    • 注: これは、誤った表示を避けるために、手動で構成するまで既存のディスプレイ キャプチャ ソースが空白になることを意味します。
  • SRT および RIST 出力の暗号化と認証のサポートを追加 [pkv]
  • さまざまな問題により、macOS 12 での ScreenCaptureKit の表示とアプリのキャプチャを無効にしました。ユーザーは macOS 13 に更新するか、既存のスクリーン キャプチャ ソース [PatTheMav] を使用する必要があります。
  • マルチビュー ラベルの自動番号付けを削除 [Warchamp7]
  • 個々のブラウザ ドックをミュートする機能を追加 [WizardCM]
  • 個々のブラウザ ドックを右クリックして「検査」する機能を追加 [WizardCM]
  • 互換性とパフォーマンスを向上させるために、デフォルトの Simple Output NVENC プリセットを P5 に変更しました [RytoEX]
  • Windows のビデオ キャプチャ デバイス ソースでより高いリフレッシュ レートのサポートを追加 [WizardCM/EposVox]
  • 自動設定ウィザードに Apple VT ハードウェア エンコーダを追加 [gxalpha]
  • Libva を直接使用してデバイス機能をチェックすることにより、FFmpeg VA-API 有効化を改善 [tytan652]
  • UI のさまざまなマイナー UX/アクセシビリティ調整 [Warchamp7/cg2121]
  • ドロップ後の動的ビットレートの回復速度を上げました [Jim]
  • Windows でビデオ キャプチャ デバイス ソースを使用して、ほとんどのキャプチャ カード ブランドでオーディオが自動的にキャプチャされるようになりました [WizardCM/EposVox]
  • 画像スライド ショーが選択されている場合、ソース ツールバーにスライド カウンターを追加 [cg2121]

バグの修正

  • 非同期フィルタ (Delay など) が正しくレンダリングされない問題を修正 [jpark37]
  • Decklink プレビュー出力のさまざまなパフォーマンス改善 [jpark37]
  • ソースが削除されたときにソース プロジェクター ウィンドウが閉じない問題を修正しました [cg2121]
  • Windows の画面キャプチャでカーソルが消えたり、正しく表示されない問題を修正しました [caesay]
  • SVT および AOM AV1 エンコーダーの CQP レート制御に関する問題を修正 [flaeri]
  • AMD HEVC および H264 の CQP レート コントロールに関する問題を修正しました [flaeri]
  • 仮想カメラが Webex と GoToMeeting で機能しない問題を修正 [Jim]
  • AJA Kona HDMI での UHD/4K YUV のキャプチャを修正しました [paulh-aja]
  • 不足しているファイルを削除するときに、スライドショー ソースがクリアされたファイルを削除しないバグを修正しました [gxalpha]
  • 空のときに「1/0」を表示するソース コンテキスト ツールバーのスライドショー カウンターを修正しました。代わりに「-/-」を表示するようになりました [cg2121]
  • VAAPI [jpark37] のクロマ位置を修正
  • macOS の VideoToolBox HEVC エンコーダーが AVC として解析されるケースを修正 [jpark37]
  • タイムアウト後に SRT ストリームを切断できるようにする [pkv]
  • Windows で MJPEG ビデオ形式で実行されている一部のビデオ デバイスで色空間が正しくない問題を修正 [jpark37]
  • Windows のフルスクリーン プロジェクターとマルチビュー メニューのモニター名を修正 [WizardCM]

【OBS Studio】アップデート情報(28.1.2)

28.1.2 Hotfix Changes

  • Fixed a Browser Source crash that could happen under certain
  • Fixed g wavs on Tops© not savina on exit notrichl

【OBS Studio】アップデート情報(28.1.1)

OBS Studioが28.1.1にアップデート(主にWondows版)

Windows版でNVENC AV1エンコーダーが追加

NVENC AV1エンコーダーは、「RTX 40」シリーズのビデオカードでのみ利用可能

OBS Studioが28.0.2にアップデートされています。

OBS Studio28.0の情報は⇒【OBS Studio】M1 Macにネイティブ対応の28.0登場

【OBS Studio】アップデート情報(28.0.3)

【OBS Studio】アップデート情報(28.0.2)

不具合の解消

  • OBS Studio v28.0.2ではmacOS版でホットキー設定画面がキーボードの入力を受け付けない不具合
  • Intel Macでスタートアップ時にクラッシュする不具合
  • M1 MacでVSTのプロパティボタンが利用できない
  • クラッシュする不具合
  • 仮想カメラのフレーム共有とカラースペースの問題など

アップデートはマニュアルで

通常の「更新の確認」からのアップデートはできません。

なので、マニュアルでのアップデートをする必要があります。

【OBS Studio】アップデート情報(27.2.4)

OBS、アプリやシステムがフリーズ/クラッシュする不具合を修正したライブ配信アプリ「OBS Studio 27.2.2 Hotfix」をリリース

27.2.4修正プログラムの変更

  • ソースがアクティブでない場合でも、スタジオモードを使用しているときにソースがミキサーに表示される可能性があるバグを修正しました[cg2121]
  • 古いバージョンのWindowsを使用しているユーザーのオーディオがキャプチャされないバグを修正しました[rcdrone]
  • Rachniテーマの誤った色のアイコンを修正しました[Monsteer]

【OBS Studio】アップデート情報(27.2.2)

プレビュのフリーズやストリームの切断、sクリプト使用時にランダムにクラッシュする不具合、Windowsで仮想カメラを利用するとFirefox/Chromeがクラッシュする不具合、macOSでFFmpegの依存によりサードパーティ製プラグインが壊れた状態となっていた問題などが修正されている

Windows版では27.2.3

OBS Studio27.2.3ホットフィックスの変更

Windowsの仮想カメラが正しく表示されないバグを修正

コメント

タイトルとURLをコピーしました