スポンサーリンク

OBS Studio オンライン

【OBS Studio】iPhoneをカメラとして使う方法(HDMIスルー出力)

OBS Studioを使用して、俯瞰撮影(机やテーブルの上から)やサイドからの撮影、など、いろいろなアングルから撮影していて、

映像のパターンを増やしたい場合やアップ撮影がしたい場合、機材(カメラ)足りなくなったりする時があります。

そういうとき、はたと気づいて、そういえば、携帯にもカメラは付いている、しかも高解像度の・・・

そこで、今回は、携帯、特にiPhoneを撮影で使えるようにしたいと思います。

iPhoneだけで、撮影して、データを転送すればいいと思いますが・・・・それはそれで

スポンサーリンク

準備

iPhone

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

iPhone用ソフト:FilMic Pro

iPhoneで撮影する場合は、このFilMic Proというカメラアプリが必須です。

HDMI出力する場合、iPhoneの画面が出ないようにできます。

以上を準備します。

iPhone

少し古い機種ですがiPhone Xs Maxで撮影しています。最新機種のほうがいいですが・・・・

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

iPhoneの画面をHDMI出力するには、Lightning - Digital AVアダプタを使用します。

Lightningコネクタからアダプタを介して、HDMIで出力されます。

iPhoneとの接続

iPhoneのライトニング端子にLightning - Digital AVアダプタを接続して、Lightning - Digital AVアダプタにHDMIケーブルを接続

三脚にiPhoneを固定

撮影風景

映像の取り込み

キャプチャーボードで取り込むと、iPhoneそのもの画面が録画されます。

iPhoneの標準カメラアプリを起動すると

画像は出力されますが、ボタンや設定も一緒に出力され、また、これらは消すことができません。

そこで、

iPhone用ソフト:FilMic Proを使用します。

FilMic Pro

FiLMiC Proというビデオカメラアプリです。有料になります。

このFiLMiC Proでは、HDMIでiPhoneの画面を出力すると

iPhoneのカメラと同じく、録画ボタンや設定画面が映像出力されますが、

設定のハードウェアの中に「Clean HDMI Out」という機能があり、これを入れて(ON)して、

再度、Apple Lightning - Digital AVアダプタとiPhoneの接続を離して再接続すると、

カメラの映像のみとなります。iPhoneの画面は、

FilMic Proの設定の画面のままです。

まとめ

OBS Studioで複数台のカメラを切り替えて動画を撮影する場合、台数分だけのカメラを準備する必要があります。

Webカメラを使うてもありますが、やはり、解像度やFPSの問題もあり、

HDMIスルー出力できるミラーレス一眼カメラやビデオカメラの方が良いです。

iPhoneとApple Lightning - Digital AVアダプタを使用して、映像(ビデオ)すれば、その分、手軽に撮影できますし、

手持ちのiPhoneが使えるので、安価に便利に使えます。

ただし、Apple Lightning - Digital AVアダプタとFilMic Proというソフトが必要になりますが・・・

iPhoneも13となり、カメラ機能も相当アップしています。これを使うメリットは大きいですね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-OBS Studio, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5