スポンサーリンク

Zoom オンライン

【Zoom】アップデート情報更新/v5.6.7、バグフィックス

スポンサーリンク

アップデート:V5.6.7

アップデート:V5.6.6

背後から光が当たる逆光の環境でも、人物を明るく撮影できるようになった

アップデート:V5.6.5

ウェビナーのパネリストのためのパフォーマンスの改善と最適化

アップデート:V5.6.4

「Zoom for Mac/Win v5.6.4」をリリース

没入型ビュー(Immersive View)をサポート

没入型ビュー(Immersive View)はアートギャラリーや講堂、会議室、暖炉横の椅子、カフェ、教室、キッチン、学習ポッドなど様々なバーチャル背景に参加者を配置できる機能で、2人から最大25人までの参加者のミーティングに対応。

没入型ビューの設定は表示メニューから行うことが可能

アップデート:V5.6.3

「Zoom」のクライアントアプリの最新版v5.6.3を公開

画面共有機能に書込み後数秒で消える「バニシングペン」を追加

画面共有時やホワイドボード利用時に利用できるツールに、「バニシングペン」が追加された。「バニシングペン」とは、書込み後数秒で消えてしまうペンツールで、プレゼンをしながらその時注目してほしい箇所を強調する場面などで使用するといい。

テキストチャットやホワイトボードなどに入力した情報を誰が閲覧・保存・共有できるのかを確認できるポップアップが追加

「リアクション」機能でもチャットで利用できるすべての絵文字が利用可能

その他

Windows版で消費電力を改善するための機能強化が施されるなどの改善

アップデート:V5.6.1

解決された問題

  • マイナーなバグ修正
  • セキュリティの強化
  • レイズハンドでのギャラリービュービデオの注文に関する問題を解決しました

アップデート:V5.6.0

2021年3月22日バージョン5.6.0(589)

ダウンロードタイプ:手動
ここからダウンロード: ダウンロードセンター

既存の機能への変更

  • Zoom Phoneの3者間通話の拡張 
    ユーザーが3者間通話を行っていて、通話参加者が通話を終了した場合、残りの2人のユーザーに対して通話が続行されます。
  • MSI / GPOオプションの機能強化:自動 更新自動更新
    オプションでは、無効のままにした場合に、クライアントの[更新確認]ボタンも削除されるようになりました。このオプションを有効にしてインストールすると、クライアントにボタンが表示され、ユーザーは更新を確認してインストールできます。

新機能と拡張機能

  • 一般的な機能
    • 追加のMSI / GPOオプション 
      • リモートコントロール中に共有クリップボードを有効にする-EnableShareClipboardWhenRemoteControl
        デフォルトで無効になっています。有効にすると、リモートコントロールで「共有クリップボード」がオンになります。
      • 会議中に着信を非表示にする-HidePhoneInComingCallWhileInMeeting
        デフォルトでは無効になっています。有効にすると、会議中に着信通知が表示されなくなります。
  • ミーティング/ウェビナー機能
    • Epic統合のための強化されたデバイステスト 
      Epicの患者ポータルから医療提供者とのZoom会議に参加するユーザーは、デバイスでカメラ、スピーカー、およびマイクをテストできるようになります。明確な合格/不合格の結果は、医療提供者と共有され、遠隔医療訪問の前に発生する可能性のある技術的な問題を通知します。
    • 追加の認証オプション:私のアカウント 
      ユーザー追加の認証方法を選択して、会議またはウェビナーに参加するユーザーがアカウント内のプロファイルにサインインする必要があります。このオプションは、既存の認証プロファイル(Zoomにサインインしているユーザー、選択した電子メールドメインにサインインしているユーザー、および外部認証されているユーザー)に追加されます。
  • ウェビナーの機能
    • 追加の出席者ビューコントロール 
      出席者ビューレイアウトコントロールは、[参加者]パネルの[その他]からも利用できます。これは、[表示]オプションで使用できる出席者の表示コントロールに追加されます。
    • 強化された練習セッションとライブウェビナー通知 
      ウェビナーがまだ練習セッションであるかライブであるかに関する通知は、すべてのパネリストとホストに表示されます。
    • ウェビナーチャットのファイル転送 
      ウェビナーのホストとパネリストは、チャットでファイルを送信できるようになります。ファイルを送受信するには、ユーザーはバージョン5.6.0以降である必要があります。
  • チャット機能
    • 強化された検索フィルター:@meメンション 
      チャット検索を絞り込んで、検索している人のメンションを含む結果のみを含めることができます。
    • チャネル内のチャネル内の検索 
      オプション特定のチャットチャネル内を検索するオプションは、そのチャネルの情報パネルの[メンバーの追加]のすぐ下で直接選択することもできます。
    • 絵文字の選択が簡単 
      「:」と2文字以上を入力すると、その説明に一致する使用可能な絵文字が表示されます。たとえば、「:jo」と入力すると、次の一致する絵文字が提供されます:: joy:、:joy_cat:、:joystick:、:majong :、および:black_joker:
  • 電話機能 
    • PowerPackのエクスペリエンス
      ユーザーがPowerPackアドオンを使用している場合、他のアプリケーションの上に常に表示される小さなパネルから、電話回線を表示したり、通話中のコントロールを使用したりできます。電話ユーザーは、連絡先をすばやく見つけて、不在着信やボイスメールを表示することもできます。
    • 共有回線グループの通話監視
      管理者によって有効にされている場合、監視 者である共有回線グループのメンバーは、共有回線グループによって送受信された通話を聞いたり、ささやいたり、はしけたり、引き継いだりできます。
    • 不明な場所の通知のUIの機能強化 
      管理者が遊牧民の緊急サービスを有効にしている場合、場所のアクセス許可が有効になっていないと、ユーザーの[電話]タブに赤い通知アイコンが表示されます。アイコンは、個人の場所のサポートが有効になっていて、ユーザーが現在不明な場所にいる場合にも表示されます
    • 自動受付を介して転送されたコールのUI拡張機能自動受付を介して転送されたコール 
      には、これらを識別しやすくするために自動受付の表示名のラベルが付けられています。これは、着信通知と通話/録音/ボイスメールの履歴に適用されます。
    • 直接電話番号のコピー 
      ユーザーは、プロファイルカードまたは電話設定から直接電話番号を簡単にコピーできます。
    • 通話履歴、ボイスメール、録音の 
      復元管理者が有効にすると、ユーザーは30日以内に、ソフト削除された履歴、ボイスメール、または録音を復元できます。その後、アカウントから完全に削除されます。この機能は、ズームで有効にする必要があります。
    • 通話を会議に
      昇格するときに待合室をバイパスするユーザーが現在の通話を会議に昇格するときに、待合室がすべてのユーザーに対して有効で、バイパスオプションが有効になっている場合、他の通話参加者は待合室をバイパスします
    • 緊急アドレスの更新 
      ユーザーは、クライアントで直接緊急アドレスを設定および更新できます。以前は、ユーザーはWebポータルを使用してのみ更新できました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Zoom, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5