スポンサーリンク

カメラ関係 ガジェット

【ピークデザイン エブリデイバックパック】レビュー初リュック型カメラバッグ  

スポンサーリンク

リュック型カメラバック

今までは、ビデオカメラでの撮影の主流だったので、ビデオカメラバッグは何個か持っています。

PXW-Z150やHXR-NX5が入るいわゆるビデオケースで、横型でショルダータイプです。

ピークデザイン エブリデイバックパックは、昨年の5月頃に購入しました。

色は黒で、容量は30Lです。

容量については、20Lもありますが、出張等にも使いたかったので30Lにしました。

今回のエブリデイバックパックはV1で現在はV2になっています。

https://amzn.to/3m2MoSD

このエブリデイバックパックは、リュック型で、フルサイズ一眼カメラや小物、レンズや比較的大きな機材、ノートパソコン(MacBookPro16インチも入ります)も収納できるカバンで、一見すると普通のバックパックに見えるので、出張などにも使えます。また、カメラバッグなので中の機材やノートパソコン等も安心して入れられます。

バックパックの利点

カメラバッグには、ショルダー、バックパック、メッセンジャー、カートタイプなど、いろいろとありますが、バックパックの利点は、

  • 肩の負担が軽減
  • 荷物が増えても対応可能
  • 両手が使える
  • 自由度が高い(持つ、肩掛けなど)

特に、ビデオケース(ビデオカメラバッグ)では、ショルダーが主流で、肩にかけての移動はきつい面もあります。

外観

上から

背負う側

着用すると

少し大きく感じますが

こんな感じです

片方の肩にかけけて、中の荷物が取り出せる機能もあります。

機能面

上蓋を開けるとこんな感じ

上蓋はマグネットで、入れるものが増えても、バックルの位置が変えられ対応できます。

パックの上部からパソコンが入れられ、タブレットや小物が入れられる仕切りもあります。

今回はMacbookPro16インチを入れましたがすんなり収納できました。

外部の両側面にはサイドポケットが有り、三脚やペットボトルなどが入れられます。

また、落下防止用のストラップもあり、安全性が高いです。

このピークデザイン エブリデイバックパックの特徴として、機材の出し入れには、上部と両サイドから可能になっています。

パックの側面の裏側には小物を整理できるポケットが有り、大きさによって分けられます。

パックには三枚の仕切りが付いており、好きな位置に設置できます。

設置し、カメラやポシェットを入れた状態はこんな感じです。

反対側から開けました。

まとめ

ピークデザイン エブリデイバックパックの紹介でした。

30リットルで、少し大型の部類に入りますが、着替えなども入れられ、また、カメラやパソコンも安心して入れられるので重宝しています。

仕切板も優秀で、小さいものにも対応(仕切板を3部屋みたいに折り畳める)してますし、

パックを置かずに側面からも取り出せるし・・・・

一つ欠点といえば、やはりカメラバックなので、パックそのものの重さが気になるのは仕方ないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-カメラ関係, ガジェット

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5