スポンサーリンク

OBS Studio オンライン

【OBS Studio】OBSで使用するオススメの映像キャプチャーボードの紹介!人気商品に訳がある

人気商品、値段に対してはそれなりに割り切り、いろいろな場合でそうなります。映像キャプチャーボードもしかり

OBS Studioでパソコン画面やゲーム画面、ミラーレス一眼やビデオカメラの映像出力をキャプチャーする方向けのオススメな機種紹介です


オススメのキャプチャーボード

Elgato Game Capture HD60 S(人気機種)

Mirabox キャプチャボード(Mac対応機種)

HDMI Video Capture(安価な機種)
スポンサーリンク

キャプチャーボードとは

パソコンやカメラ、ゲーム機の映像をTVやパソコンモニターに写す場合、HDMIケーブルを使用しますが、そのHDMIに出力されている映像・音声ををパソコンに取り込む装置です。

種類もパソコンの内蔵式と外付け式があり、普段は外付け式を使います。エンコードの方式もハードウェアとソフトウェアがあり、普段はソフトウェア方式になります。

Elgato Game Capture HD60S

オススメの理由

  • Amazon、価格ドットコムでも人気機種
  • インターフェイス USB 3.0
  • 最大録画解像度 1080p/60fps
  • 対応OS Windows10、MacOS
  • Windowsで使用する場合は安定感抜群
  • 専用の付属ソフトがある

残念な理由

パソコンのスペックが必要

  • CPU Intel corei5-4××× quad-coreまたは同等以上
  • GPU Intel HDまたはNVIDIA GeForce GTX600シリーズ以上

Macでは使いにくく、専用ソフトのみで認識します。(MacのOBSでは認識されません)

価格がが高い部類にはいる

Elgato Game Capture HD60 Sは安定感抜群で、キャプチャー途中で接続不能になることはありませんでした。

本体は少し熱を持つ程度です

Mirabox キャプチャボード

オススメの理由

  • インターフェイス USB 3.0
  • 最大録画解像度 1080p/60fps
  • 対応OS Windows10、MacOS
  • Mac、WindowsともにOBSで使用可能(接続してすぐに使える)
  • 同じ仕様の機種が多い

残念な理由

  • 少し安っぽい外観
  • 価格もそこそこする
  • しばらく使っていると熱を持ち始める

Mirabox キャプチャボードはMacのOBS Studioで使用していますが、熱を持って若干熱を持ちますが、接続切れは経験していません

HDMI Video Capture

オススメの理由

  • 対応OS Windows10、MacOS
  • Mac、WindowsともにOBSで使用可能(接続してすぐに使える)
  • 価格が安い(同じタイプで安価なものは1000円以下)
  • USB2.0なので、比較的古いパソコンでも使用可能

残念な理由

  • インターフェイス USB 2.0
  • 最大録画解像度 1080p/30fps(60fps対応でない)
  • パススルー機能がない
  • 古いパソコンでも使用可能だが、遅延やコマ落ちがある

HDMI Video Captureは安価で、手軽に使えます。オンライン会議(ZoomやGoogleMeet等)には最適です。

最大録画解像度 1080p/30fpsまでなので、You Tube等動画の取り込みには若干考慮する必要があります。

まとめ

OBSで使用するオススメのキャプチャーボードの紹介しました。

他にも、AverMedia LIVE GAMER EXTREAME2 GC550 PLUSやAverMedia LIVE GAME ULTRA GC553など、多くのキャプチャーボードが出ています。

パススルーがあり、4K対応とはいかないまでも、最大録画解像度は1080p/60fpsは欲しいところです。

試しに、HDMI Video Captureのような安価なものでも購入して、まずは、キャプチャーしてみるのもいいかもしれません。

OBS Studioには、いろいろな機能もありますので、キャプチャーボードを2つ利用して、画像を切り替えるということもできます。

ATEM Miniのようなスイッチャーを利用するのもいいですよ・・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-OBS Studio, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5