スポンサーリンク

OBS Studio オンライン

【OBS Studio】動画の撮影で「OBS Studio」を使用するメリットとデメリット!

動画の撮影をする場合の機材は

  • スマホやタブレット
  • デジタルカメラ(デジタル一眼レフカメラ等)やウェアブルカメラ
  • ビデオカメラ

おそらくほぼこの3つになると思います。

撮影が終わりました。さて、どうやってYou Tubeなどに投稿しようかとなります。

撮影した動画をYou Tubeに編集して投稿する場合、

  • 無編集で、何もせず投稿
  • タブレットやスマホで編集して投稿
  • パソコンに動画データを取り込んで(読み込んで)パソコンのソフトで編集して投稿

ほぼ、3つに分かれると思います。

今回は、撮影した動画データをいかに簡単にパソコンに取り込んで編集まで持っていけるかに

ついてです。

スポンサーリンク

通常の方法

外に出て、撮影する場合や普段の撮影などでは、スマホでもデジタルカメラでも、ビデオカメラでも、撮影したデータは、

カメラの本体やメディアに保存され、それをパソコンに取り込んで編集します。

スマホやタブレとのアプリでの編集も可能ですが、凝った編集などをする場合は、やはり、パソコン編集に分があります。

自宅や家で撮影する場合はどうでしょう・・・・

普段の撮影のようにカメラ等のメディアに保存してもいいのですが、折角HDMIでの外部出力できるのであれば、

キャプチャーボードを使って直接、パソコンに録画する手もあります。

その時に使用するソフトが「OBS Studio」になります。

詳しくは

OBS Studioを使用するメリット

OBS Studioを使用するメリットとしては

  • メディアを介さないので、すぐ編集に取り書かれる
  • メディアを取り込む時間が省かれる
  • パソコンに保存できる
  • 好きなマイクが使用できる(別にマイクを準備する必要あります)
  • 動画配信にも使える(手順が必要ですが)

OBS Studioのいろいろな機能が使えます

 テロップ入れたり、ワイプを入れたりなどなど

OBS Studioを使用するデメリット

OBS Studioを使用するデメリットとしては

  • カメラにHDMIスルー出力が必要
  • ビデオキャプチャーが必要(カメラの映像を取り込む)
  • オーディーインターフェイスかUSB接続のマイクがあればベスト(コストかかる)
  • カメラにHDMIケーブルを接続するので動き回れない

まとめ

OBS Studioを使用するかどうかは、自由です。

スイッチャーなどを使用して使う場合などはメリットが大きいと思います

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-OBS Studio, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5