スポンサーリンク

Google GoogleWorkspace オンライン

【Google Workspace】「Google Meet」がピクチャーインピクチャーに対応

「Google Meet」がピクチャーインピクチャー(PinP)に対応して、便利になりました。

ただし「Google Chrome」での使用時のみです。Safariではピクチャーインピクチャー(PinP)に対応していません

スポンサーリンク

ピクチャーインピクチャーの方法

普通にGoogle Meetを起動します。

「その他のオプション」をクリックすると、「ピクチャーインピクチャーを開く」がありますので、それをクリックします。

すると、ご覧の通り、

設定できます。

ピクチャーインピクチャーの機能

他のタブを閲覧しながら、最大4つの「Google Meet」ビデオストリームをフローティングウィンドウで閲覧できる

ピクチャーインピクチャーのフローティングウィンドウでサポートされる機能

  • マイクのミュート
  • カメラの制御
  • 通話の終了
  • 「Google Meet」ミーティングのタブに戻る

ピクチャーインピクチャーの使い方

GoogleスライドのタブにGoogle Meetの画面を表紙

ピクチャーインピクチャーを表示させ、新しいタブでGoogleスライドを表示させて、Googleスライド内のGoogle Meetのマークをクリックすると、

「通話をここに転送」があり、それをクリックすると、Google Meetの画面が右側に表示されます。

そのまま、画面の共有をすることも可能です。

画面の共有しながら相手側の画面が見れる

Google Meetでの画面共有では、相手側の画面は見れません(2画面の設定等では見れますが)が、ピクチャーインピクチャーにすると、相手側の画面が見れます。

まとめ

今回のピクチャーインピクチャーの機能は、Zoomでは、通常の機能でしたが、やっと、Google Meetでもできるようになったという感じはありますが、

役に立つ標準の機能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Google, GoogleWorkspace, オンライン

© 2022 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5