スポンサーリンク

Google GoogleWorkspace オンライン

【Google Workspace】(旧G Suite)に新機能(随時更新)

スポンサーリンク

“Google Workspace”の新ストレージポリシー、導入スケジュールが一部変更

“Google Workspace”で予定されている新しいストレージポリシーの導入スケジュールを一部変更すると発表

ストレージポリシーの新しい導入スケジュールは以下の通り

“Google フォト”の無制限バックアップ終了が6月1日に終了することに変わりはない。

  • 2021年6月1日:“高画質”の写真がドライブのクォータにカウントされるように(予定の変更なし)
  • 2022年2月1日:新しく作成されたドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画(Drawings)、フォーム、Jamboardのファイルがストレージにカウントされるように。2022年2月1日より前に作成され、その後も変更されていないものについてはカウントされない

Google Workspace向けのGoogle ドライブ、新たな検索演算子を利用可能に

Google Workspace向けのGoogle ドライブにおいて、新しい検索演算子の追加と検索演算子の動作の変更を行ったことを発表

既存の検索演算子「from:」「to:」の動作が一部変更され、新たに「sharedwith:」「owner:」が追加された。

「from:」では、指定したメールアドレスが共有しているファイルを検索できる。これまでは、そのメールアドレスが所有するファイルが表示されていた。

「to:」では、指定したメールアドレスで共有したファイルを検索できる。これまでは、そのメールアドレスに表示、コメント、編集の権限があるすべてのファイルが表示されていた。

 新たに追加された「sharedwith:」は、指定したメールアドレスがアクセス権限をもち、表示、コメント、編集できるファイルを検索できる。そのメールアドレスが所有するファイルも含まれる。

 「owner:」は、指定したメールアドレスが所有するファイルを検索できる。これまでの「from:」演算子を利用したときと同じ結果が表示される。

 なお、from:およびto:では、2021年2月以前に共有されたファイルは検索できない。

 これらの演算子は、すべてのGoogle Workspaceのユーザー、G Suite BasicとBusinessのユーザーが利用できる。

Google Workspace」の機能を大幅に拡充したことを発表

Googleアシスタント」対応やFocus Timeなどの新機能が追加されます

Googleアシスタントのサポート

Workspaceの管理者が有効にすれば、従業員は自分のスマートフォンでGoogleアシスタントを仕事用アカウントで利用できる。予定の確認やMeet(Web会議)への参加、メッセージの送信などがGoogleアシスタント経由でできる

余計な通知をブロックする「Focus Time」(集中時間)

イベントタイプの1つとして「Focus Time」を設定できる

仕事に集中したいときにこの設定にすると、イベントウィンドウに届く通知が制限される

勤務時間と場所(自宅かオフィスか、など)を同僚と簡単に共有できるようになるので、チャットやWeb会議の設定がしやすくなる

自分の仕事時間に占めるミーティングの割合などが視覚化される「Time Insights」で仕事効率などを見直せる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Google, GoogleWorkspace, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5