スポンサーリンク

Google GoogleWorkspace オンライン

【Google Workspace】申し込み、比較的簡単です。

GoogleWorkspaceの申し込み

スポンサーリンク

はじめに(準備するもの)

ネット環境とパソコン、メールを準備します。Gmail(フリー版)を準備し、Googleにログインします。

ドメインも必ず準備します。

【SoftBank 光】

GoogleWorkspaceの申込み

GoogleWorkspaceを選択

アカウントの取得

エディションとして、Business Standardを選択します。

Business Starterでも良いのですが、クラウドストレージ容量が30GBと低く、Meetで会議の録画ができなかったりするので、Business Standardを選びます。

ここで、セキュリティーや概要、含まれるサービス、セキュリティーなどの情報が見れるので確認してください。

今回は個人なので、「自分だけ」を選択

姓名、準備したメールを入力。

これは、連絡やお知らせ等で使用します。

ここで、ドメインを聞かれます。

準備したドメインを使います。

取得していたドメインを入力

ログイン情報を入力します。

ユーザー名(ユーザーID)には、xxxx@zzzzz.com

xxxxは決めて、zzzzz.comはドメインとなります。

同時にメールアドレスとなります。

パスワードを決めて入力すます。

以上で、Google Workspaceのアカウントは作成されます。

その後、Google Workspaceの設定になります。

まずは、

入力したドメインの所有権の証明作業になります。

流れ的には、

となります。

DNSレコード設定です。

ここで、最初に???なところですが、私が契約しているXSERVERに設定のマニュアルがあります。

DNSレコードの編集https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_dns_setting.php

まとめその1

ドメインの確認でDNS設定で若干苦労しますが、GoogleWorkspaceにはログインできます。

細かい設定等はログインしてからになります。

ユーザーは、必要に応じて追加できます。もちろん、費用は発生しますので、気をつけてください。

Gmailのメールサーバー設定

一番厄介なGmailの設定です。

ドメインのMXレコードの編集になります。

これも、私が契約しているXSERVERに設定のマニュアルがあります。

G Suiteをお使いいただく場合のDNSレコード編集https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_dns_setting_google_apps.php

面倒なことも多いですが、マニュアル等を参考に設定を完了してください。

最後に、14日以上使用する場合はクレジットカードにて支払いが必要になります。

まとめその2

設定等、少し厄介な部分もありますが、慎重に行っていけば、できる範囲だと思います。

セキュリティー面等利便性もアップしますします。

クラウドサービス、リモートワークなどコロナ禍の中で必要な場合もあります。

働き方も変わらずを得ませんし、変わる事が必要な時代なのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Google, GoogleWorkspace, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5