スポンサーリンク

Apple Mac

iPhoneをMacのWebカメラ/マイクとして利用することが可能に!

スポンサーリンク

iPhoneをウェブカメラとして使用できる新機能「連係カメラ」に対応

macOS 13 Venturaでは、新機能(連係カメラの)としてiOS 16を搭載したiPhone XR以降のiPhoneをMacのWebカメラとして利用することが可能になっています。

利用する条件

macOS 13 Venturaが搭載されたMacおよび、iOS 16を搭載したiPhone XR以降のiPhone

MacとiPhoneが同じApple IDで紐付けされている必要がある

MacとiPhoneが同じネットワーク上またはLightningケーブルで有線接続されていること

iPhoneのバックカメラを利用

Webカメラとして使用する場合は、iPhoneは使用できない。

また、

MacBookなどで、Webカメラとして使用する場合、iPhoneをMacBookやiMacなどの適切な位置に適切な角度で取り付ける必要があります

MacにiPhoneのカメラを接続する方法

FaceTimeやPhoto BoothなどのApple製アプリはメニューバーのビデオやカメラから使用するカメラの項目で[iPhoneのカメラ]を選択、マイク項目で[iPhoneのマイク]を選択する

ZoomやOBS Studioでも利用可能です。

エフェクト機能

コントロールセンターから選択可能

  • センターフレーム
    • 超広角レンズを搭載したカメラで、被写体を常にフレーム中央に映し出す
  • ポートレート
    • 被写界深度エフェクトに対応したカメラで、背景をぼかし被写体を際立たせる
  • スタジオ証明
    • 背景を暗くしてリングライトのような効果を出す

以上の機能が使えます。

デスクビュー

接続したiPhoneがiPhone 11以上かつiPhoneに超広角カメラが搭載されている場合に、超広角カメラによりユーザーの机の上を映し出すことが可能

使用例

まとめ

macOS 13 Venturaでは、iOS 16を搭載したiPhone XR以降のiPhoneをMacのWebカメラとして利用することが可能になっています。

しかも、iPhoneの背面のカメラを利用するので高画質です。

同じネットワーク上という制約もありますが、Lightningケーブルで有線接続でも可能なので、両方使用している方は利用価値大です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Apple, Mac

© 2022 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5