スポンサーリンク

iOS Mac OBS Studio

【OBS Studio】iPhoneをカメラとして使う方法その2

スポンサーリンク

【OBS Studio】iPhoneをカメラとして使う方法(HDMIスルー出力)を記事として書きました。

以下参照:【OBS Studio】iPhoneをカメラとして使う方法(HDMIスルー出力)

Apple Lightning - Digital AVアダプタが必要だったり、iPhone用アプリ:FilMic Proが必要だったりします。

しかし、今回のmacOS 13 Venturaでは、iOS 16を搭載したiPhone XR以降のiPhoneをMacのWebカメラとして利用することができます。

Windowsでは、残念ながら無理ですが^^;

詳しくは、iPhoneをMacのWebカメラ/マイクとして利用することが可能に!に記載しています。

【OBS Studio】で使用してみた

OBS Studioの基本的な使い方は、【OBS Studio】インストールから設定、録画まで を参照してください。

OBS Studioの「映像キャプチャデバイス」

→「プロパティ」選ぶと

「USERのiPhoneのカメラ」が選べます。

iPhoneの前に花がある配置です。

実際の映像

全く、遜色はないです。

OBS Studioの設定がフルHDですが、4Kにしても問題ない映像ですね。

マイクの設定も、「USERのiPhoneのマイク」として設定可能です。

マイクのほうは、どちらかといえは、外付けマイクを使ったほうが良いと思います。

iPhoneをカメラとして使う方法の利点

MacとiPhoneが同じネットワーク上にあれば、iPhoneのカメラの自由度(ケーブルに繋がっていないので)が高いです。

iPhoneのカメラの性能が良いので、内蔵カメラより綺麗で鮮明です。

エフェクト機能が使えます。

デスクビュー(超広角カメラによりユーザーの机の上を映し出すことが可能)が使えます。

まとめ

MacとiPhoneで、いろいろと利用範囲が広がって、利便性もアップしていますね(^o^)

これからますます、双方が歩み寄って行くことでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iOS, Mac, OBS Studio

© 2022 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5