スポンサーリンク

Mac OBS Studio

【OBS Studio】OBS Studio 28.0を使ってMac内の音声を収録する方法

今までは、Mac内の音声をOBS Studioで録音や配信をする場合は、仮想オーディオデバイス(SoundFliowerやBlackHole、Background Music)を使う必要がありました。

しかも、インストールができなかったり、不具合があったりで、安定性に欠けてました^^;

が、OBS Studio 28.0からは、「macOS スクリーンキャプチャ」が搭載されました。

macOS スクリーンキャプチャは、従来の「ウィンドウキャプチャ」、「画面キャプチャ」に代わるソースで、この2つはOBS Studio 28.0からは非推奨になっています。

macOS スクリーンキャプチャでは、従来のウィンドウキャプチャや画面キャプチャが行え、さらにアプリケーションキャプチャが追加されています(御述)

しかも、macOS スクリーンキャプチャは音声ミキサーにも表示され、Mac内の音声がキャプチャできるようになりました。

標準機能で、Mac内の音声がキャプチャ(収録や配信)ができるのは、嬉しい限りです。

ただし、macOS Ventura 13.0にアップデートする必要があります。

スポンサーリンク

macOS スクリーンキャプチャの設定

ソースにmacOS スクリーンキャプチャを選ぶと

方式:

  • 画面キャプチャ
    • ディスプレイ(2画面以上の場合は選択可能)
    • カーソルの表示の有無
  • ウィンドウキャプチャ
    • ウィンドウを選択
    • 空の名前のウィンドウを表示の有無
    • 全画面表示と非表示のウィンドウ/アプリケーションを表示の有無
    • カーソルの表示の有無
  • アプリケーションキャプチャ
    • ディスプレイ(2画面以上の場合は選択可能)
    • アプリケーションの選択
    • 全画面表示と非表示のウィンドウ/アプリケーションを表示の有無
    • カーソルの表示の有無

が設定可能です。

・画面キャプチャ

選択した画面(ディスプレイやモニター)全体をキャプチャします

音声ミキサーには、「macOS スクリーンキャプチャ」が表示され、

すぐに音声がでます。

・ウィンドウキャプチャ

選択したウィンドウをキャプチャします

音声ミキサーには、「macOS スクリーンキャプチャ」が表示され、

音声が出ているウィンドウ(クロームやアプリケーション)を選択すれば、音声が録音配信できます。

・アプリケーションキャプチャ

選択したアプリケーションをキャプチャ(ただしツールバーも表示)しまう

音声ミキサーには、「macOS スクリーンキャプチャ」が表示され、

音声が出ているアプリケーション(クロームやアプリケーション)を選択すれば、音声が録音配信できます。

音声ミキサーには、「macOS スクリーンキャプチャ」が表示されます

音声ミキサーには、「macOS スクリーンキャプチャ」が表示されるので、ソースで選んだ「macOS スクリーンキャプチャ」の設定をしっかり行えば、Mac内の音声を収録や配信することが可能です。これは、本当に嬉しい機能です。

また、従来どおりのUSBマイクや外部マイク等も使えます。

音声ミキサーの「macOS スクリーンキャプチャ」の設定は音声ミキサーでのマイク等と同じ様に設定します。

まとめ

OBS Studio 28.0を使ってMac内の音声を収録や配信することができるようになりました。

ただ、やはり、ゲームなどの映像キャプチャの音声はやはり、仮想オーディオデバイスのお世話になる必要があります。

使い勝手としては、「ウィンドウキャプチャ」が一番使いやすいと思います(^o^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Mac, OBS Studio

© 2022 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5