PR

Sony REON POCKET 4は、自動温度調整でき、夏冬使えるウェアラブルデバイス

スポンサーリンク
ガジェット
スポンサーリンク

Sony REON POCKET 4は、本体接触部分の体表面を直接冷やしたり温めたりすることのできるウェアラブルサーモデバイスで、

冷たくも温かくもでき、夏でも冬でも使えます。

専用アプリで操作すると、肌に接触する面が数秒で温かくも冷たくもなり、冷却/温熱面の温度を調整可能です。

今回購入したREON POCKET 4には、温湿度センサー搭載のREON POCKET TAG付きを購入したので、

TAG周辺環境の温度や湿度を計測し、 REON POCKET本体の制御を自動で行うことができます。

REON POCKET 4

内容品

  • REON POCKET本体
  • ネックバンド
  • USBケーブル(充電用)
  • エアフローパーツ
  • 保証書
  • スタートガイド(取説)
  • REON POCKET TAG

REON POCKET本体

REON POCKET本体の大きさは、6.1 x 14.5 x 5.4 cm、重さは300gで実際に装着しても重さを感じません。

装着して肌に触れる部分は5x6cmぐらいです。

実際に指で触れると、すぐに冷たくなったり、暖かくなったりします。

REON POCKETの特徴として、電源オフ機能はありません。

しばらくすると自動的に省電力モードになります。

首筋から外すと、数秒で省電力モードになります。

専用アプリでセットアップ

スマートフォンに専用のアプリを入れ、REON POCKETの機器登録とTAGの登録を行います。

画面に案内が出るため、スムーズに接続することができました。

アプリの画面

SMART COOL/WARMモード

REON POCKET TAGを使用するモードです。

マニュアルでも使用できます。

使い方

ネックバンドにREON POCKET 4 を装着して冷却/温熱面が、直接肌に触れるように装着します

吸気口が本体の下側、排気口が本体上側にあり、排気が気になる場合は、

エアフローパーツを装着して使用します。

実際の使用感

  • 専用アプリで操作すると、肌に接触する面が数秒で温かくも冷たくもなりる。
  • すぐ冷えるので夏場は気持ちいい(^o^)
  • 冷たさを持続したい場合は、マニュアルの「COOL」モードを使用する
  • REON POCKET TAGを使用すれば、冷却/温熱面の温度を自動的に調整来てくれる
  • マニュアルでも操作可能(冷却/温熱)
  • 少し、排気が気になる(エアフローパーツが襟から出るので、付けたくない)
  • REON POCKET TAGが便利だが、失くさないように注意する必要がある。
  • REON POCKET TAGはポケット等に付けておくとすぐに落とす(一日に2,3回落とした)
  • 電源のOFF機能がない(首筋から外すと、数秒で省電力モードになりまる)
  • 冬場でも使える(もしかすると、冬場の方が活躍するかも・・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました