スポンサーリンク

ガジェット

Hollyland Lark 150 / デュアル・ワイヤレス・マイクシステム

ワイヤレスマイクは。会議室やカラオケ等でよく見かけますが、以前からビデオ撮影等でワイヤレスマイク(SONY業務用ワイヤレスマイク/レシーバセット UTX-B2/URX-P2)を

使っています。

B帯を使用するワイヤレスマイクセットで、手軽さから言うといろいろと準備が必要な部類(電波が混線する場合もあり)になり、手軽にしかも

すぐに使えるワイヤレスマイクを探していたところ、 Hollyland Lark 150を紹介しているYou Tubeやレビューを見て購入しました。

多くの方が使っているRODE Wireless Go IIも検討しましたが、やはり、ケースから出してサクッと使える、ここが大きな魅力です。

スポンサーリンク

Hollyland Lark 150

主要な特徴

  • 受信機 1台に発信機2台
  • 秒速自動ペアリング(ケースから取り出すだけ)
  • 2.4GHzデジタルワイヤレス
  • 専用充電ケースにより充電、保管が簡単
  • つまみによるゲイン調整
  • 3つの録音モードに対応(モノラル/ステレオ/セーフティトラック)

内容物

  1. 送信機 x 2
  2. 受信機 x 1
  3. 充電ケース
  4. 送信機内蔵マイク用ウィンドシールド x 2
  5. 3.5 mm TRS ケーブル x 1
  6. 3.5 mm TRS - TRRS ケーブル x 1
  7. USB Type A - Type C ケーブル x 1
  8. ラベリアマイク x 2
  9. ラベリアマイク用ウインドスクリーン(予備) x 2
  10. 収納ポーチ

内容物も充実していて、ラベリアマイクが付属しています。RODE Wireless Go IIでは別に購入が必要です。

使用した感想

充電ケース(USB-C)に入れれば、即充電が開始され、ケースから出せば、ペアリングと電源がONとなってすぐに使えます。

送信機側には、電源。ミュートスイッチのみで、受信機側には、電源とミュートスイッチとの兼用のゲインダイアルがあり、

それを長押しすることで、3つの録音モードに対応しています(切り替わります)

普段も使い方であれば、音の途切れもなく、ワイヤレスなので、行動半径もひろがります。

デジタルワイヤレスなので、ノイズ等も少なく、クリアーな音だと思います。

しかも、ラベリアマイクが付属しているので、ますます利便性があがりますね。

使い方

ケースからさっと出して、

カメラの上の受信機をセットし、付属の3.5 mm TRS ケーブルをラインアウトとカメラのマイク端子に

接続し、

送信機を話し相手につければ、即使用できます。

送信機を目立たなくするには、ラベリアマイクを使用すれば良いですね。

3つの録音モード

LARK150には録音するモードが3つあります。

モノラルモード

送信機からの音声を一つのチャンネルに録音するモードになります。一番使う頻度が高いモードですね

セーフティーモード

片方の送信機側の音声を”−6db”で録音するモードで、急な大きな音が発生したときの保険的な意味合いです。

本来はリミッターがあれば、よいですが、なかなかむずかしいですよね

ステレオモード

2つの送信機をそれぞれ右チャンネル、左チャンネルに録音します。

別々に音声を広たり、音声を分けて会話を録音したりできます。

まとめ

さっと出して、スッと使える、これは便利です。しかも、ケースに入れれば充電されます。

デジタルなので、音もいいし、使い勝手もいい。

言うことなしですね。

3.5 mm TRS - TRRS ケーブル も付属しているのので、スマホでも使えます(^o^)

カメラに接続する場合は、3.5 mm TRS ケーブルで、カメラのマイク端子に接続します。

オーディオインターフェイスやミキサーに接続する場合は、3.5mm to 6.35mm 変換ステレオミニプラグ 2分配を使えば、

音声がしっかりと録音できます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット

© 2022 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5