スポンサーリンク

Google オンライン クラウドストレイジ

【Google Drive】でのファイル共有について(通常の無料版)

Google Driveを使っていて、他の人とファイルやフォルダーを共有するメリットって大きいと思います。

Google Driveでの共有は、ファイルのやり取りが比較的簡単で、なにやらパスワード付きZIPを廃止することもありですし、ウイルス感染のリスクもあるそうなので、ますます需要も高まってくると思います。

そんなGoogleDriveの共有ですが、以前、Google Driveは便利なやつというブログで少し紹介しましたが、

今回は詳しく、お話します。

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

なお、今回は、無償版で、バージョンアップ等にてセキュリティーや使用、操作方法が変わるかもしれませんが、ご了承ください。

スポンサーリンク

Google Driveにログイン

そして、ファイルのアップロードかフォルダーを作成してください。

今回はフォルダーで行きます(ファイルもほぼ同じ操作なので)

共有操作

フォルダーを右クリック又は、共有ボタンにて共有操作になります。

この画面のリンクを取得で、「リンクを知っている全員に変更」をクリックし、

「閲覧者」を「編集者」に変えることによって、ファイルの整理、追加、編集が出来ます。

「閲覧者」のままだと、字のごとく見るだけになります。

最大36000円キャッシュバック!【SoftbankAir】

「リンクをコピー」してメールにて送信すれば完了です。

メールを受信した側(共有ファイルやフォルダーにアクセスする側)では、リンクをクリックしてらブラウザが立ち上がるので、ファイルやフォルダーが見れます。

共有の解除は、「リンクを取得」の「リンクを知っている全員」から「制限付き」に変更すると、共有が解除されます。

Googleアドレスでの共有

相手方がGoogleにログインできるであれば(相手方もGmail)ならば、

ユーザーやグループとの共有に、Gmailアドレスを追加して、共有を行うことも出来ます。

相手方には、共同作業への招待メールが届き、

相手方では、ファイルやフォルダーは「共有アイテム」の中に入ります。

ファイルを整理、追加、編集したい場合は同じく、「編集者」を選び、

共有を解除したい場合は、「削除」を選べば共有の解除ができます。

まとめ

比較的簡単に共有ができ、大きなファイル(容量が大きい)や複数のファイルもいっぺんに共有できます。

いろいろな形式のファイルが共有できます。

共同の編集作業ができます。

お互いGoogle Driveがあれば、ますます便利な機能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Google, オンライン, クラウドストレイジ

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5