スポンサーリンク

OBS Studio オンライン

【OBS Studio】映像(ソース)で使うフィルターについて

OBS Studioで映像(ソース)で使用するフィルターについて解説します。

いろいろな事ができますが、フィルターは多く、全てを解説することはできませんので、よく使うフィルターにしぼらせていただきます。

スポンサーリンク

フィルターを追加する方法

フィルタ・クロマキー

OBSの画面に、キャラクターや映像を投影する場合に使います。

いわゆるグリーンバックというものです。

少し、変ですが、風景の中に猫の画像を入れ込みます。

実例

OBSで「ソース」に録画する画像や映像を追加します。今回は「画像」です。

クロマキーで抜く画像を作成

グリーンを背景に、その中に猫の切り抜きを入れ込んで画像(JPG)として保存します。

Photoshopなどで作成をします。

OBSで、画像として取り込み、フィルターを掛けます。

「エフェクトフィルタ」の「+」より

「クロマキー」を選択

標準設定では、「色キーの種類」は緑です。

後は、いい具合に画像が出てくれるように選択します。(デフォルトでもOKです)

背景を青などの場合は「色キーの種類」を選択してください

猫が入ります。

画像だけなら、背景のないPNGファイルでも同じことは可能ですが、このクロマキーの利点は、映像キャプチャーなどで、動画を抜く場合の方が使用頻度は多いと思います。

ワイプ(好きな形に切り抜く)

映像等でよくみるワイプ(切り抜き)もフィルターとして可能です。

切り抜く画像や映像と切り抜く形が必要です。

フィルターは、「イメージ マスク/ブレンド」を使います。

フィルターの掛け方は「クロマキー」と同じです。

切り抜き画像

「イメージ マスク/ブレンド」

画像の上にフィルターを掛けた画像を表示

その他のフィルター

色補正、レタリング遅延、ルマキー、シャープなどあります。

まとめ

フィルターを使い、仮想カメラ等でいろいろと利用もできます。

クロマキー合成やワイプ、色補正等は利用すれば、面白い映像ができあがります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-OBS Studio, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5