スポンサーリンク

OBS Studio オンライン

【OBS Studio】音(音声)やマイクでの録音について

【OBS Studio】一連の流れ・使い方

【OBS Studio】インストールから設定、録画まで

を見れば、導入ができます

OBSで音が録音できなかったりするのよね

OBS Studioで音、音声の設定やマイクについて、理解しにくい部分が多く、設定のミスで録音できなかったりします。

録音した音(音声)が小さかったり、大きすぎて音割れしたり、外部の音(雑音)が入っていたりします。

そこで、今回はOBSでの音声について、少し解説します。

なお、今回は、Windows版のOBSになります。

Mac版は、【OBS Studio】Macのディスクトップ音声を出力する方法【必見】にて記載していますので参照してください

*合わせて読みたい

【OBS Studio】OBSで使用するオススメのマイク/良い音で録音しましょう

スポンサーリンク

OBS Studioでの音(音声)について

音声ミキサーにOBSで取り込む音が表示されます。

ここで表示される音が録音され、視聴できます。

音声ミキサーに表示例

ソースによる音声入力

ソースでVLCビデオソース、メディアソース、映像キャプチャーデバイス、音声入力キャプチャを選ぶと

音声ミキサーに音声バーが表示され、入力可能になります。(録音するかどうかは設定できます)

VLCビデオソース、メディアソース:パソコンで選択したソースの音(音声)が表示されます。

映像キャプチャーデバイス:キャプチャーボード等で映像と音声が一緒に入ってくる場合に音が表示されます。

音声入力キャプチャ:音声入力デバイスを切り替えて使います(設定での変更操作は不要)

OBS Studioでの設定

OBSの「設定」をクリック

「音声」を選択すると

グローバル音声デバイスが設定できます。

  • ディスクトップ音声
  • ディスクトップ音声2
  • マイク音声:
  • マイク音声2
  • マイク音声3
  • マイク音声4

ディスクトップ音声からマイク音声4まであり、既定値は「無効」です

ディスクトップ音声では、

「既定値」:パソコンの設定の「サウンド」の出力で選んだデバイスです

その他に、パソコンの設定の「サウンド」で選べる出力デバイスを選択できます。

パソコンのスピーカーから出る音(音声)が表示されます。

マイクの音(音声)設定

接続しているマイクを選択できます。予めマイクを接続しておきます。

マイクにもいろいろと種類があります。

接続方式やコンデンサーやダイナミックなど様々です。以下を参照ください

【HyperX QuadCast S】レビュー 格好良くてミュートやゲイン操作が簡単なUSBコンデンサーマイク : https://hideshigelog.com/quadcasts

【必見】Neewer USBマイク(コンデンサーマイク)を使ってみたが・・・コンデンサーマイクはセッティングが重要 : https://hideshigelog.com/neewerusbmike

オーディオテクニカAT2020人気で入門機としては最適のコンデンサーマイク : https://hideshigelog.com/at2020

マイク音声に設定では、現在接続されているマイクの一覧が表示され、そこから選択します。

マイク音声からマイク音声4まで選べます。

「既定値」:パソコンの設定の「サウンド」の入力で選んだデバイスです

音声トラックについて

録音する音(音声)をトラックごとに分けたい場合

「設定」→「出力」の音声トラックをチェック入れます。

3つのトラックに分割して録音したい場合は、①、②、③にチェックを入れます。

分かる必要がない場合は①のみのチェックになります

音声ミキサーの操作

音声ミキサーでは、入力される音(音声)の音量を調整できます。

音量の調整は、レベルメーター(緑・黄・赤)を見ながら、音量を客観的に把握できます。

マイクの音量は最大に

音声モニタリングについて

音声ミキサーの歯車アイコンをクリックすると

オーディオの詳細プロパティ(A)が選択できます。

音声のバランス:LやRに振れます

音声モニタリング:「モニターオフ」ではパソコンからの音(音声)はでませんが、「モニターのみ(出力はミュート)」と「モニターと出力」ではパソコンからの音(音声)が出力されます。

*注意、「モニターと出力」でパソコンから音声が出ると、マイクやスピカーが近くにあるとハウリングを起こす可能性もありますので、注意してください。また、音(音声)が二重化する場合もあります

トラック:「音声トラック」で設定した場合、そのトラックにどの音(音声)を入れるかをチェックします。音(音声)をまとめる場合は、トラック①をすべて選択します。

周囲の雑音が入る場合

フィルタを入れると、雑音等が軽減されて、聞き取りやすい音(音声)になります。

 

まとめ

【OBS Studio】音(音声)やマイクでの録音について、解説しました。

音(音声)は動画の撮影や配信では重要で、音割れや音量が小さかったり、設定をミスすると音(音声)が録音されていないことがあります。

設定は、その都度確認し、適切な録音ができるようにしましょう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-OBS Studio, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5