スポンサーリンク

OBS Studio オンライン

【OBS Studio】使い方(一連の流れ)

スポンサーリンク

はじめに(OBS Studioとは)

Open Broadcaster Softwareってなに?

そう思う人は多いと思います。

Open Broadcaster Softwareの頭文字でOBSで通常、OBS Studioといいます。

OBS Studioは、生放送(カメラで撮影している動画をそのまま配信サイトに流す)配信するソフトウエアで、だれでもありがたいことに無料に使えます。また、取り込んだ映像や音声を直接パソコン内に保存できます。

配信サイトにはいろいろとあり、

  • You Tube
  • ツイキャス
  • Twitch
  • ニコ生
  • Mildom
  • ミラティブ

などあります。You Tubeでの生配信にはほぼこのOBSが使われています。

OBS Studioを録画用として利用することができるので、カメラからの映像と音声をキャプチャーボードで取り込む事が可能で、カメラを複数台準備できれば、切り替えて録画も可能です。

OBSのインストール

OBSのHPよりダウンロードしてインストール

詳しくは:

【OBS Studio】インストールから設定、録画まで:https://hideshigelog.com/obssyoho

ソースを追加

ソースを追加することでOBSに画像が写ります。

ソースには

  • ウィンドウキャプチャ
  • ゲームキャプチャ
  • 映像キャプチャデバイス
  • 画面キャプチャ

などがあり、Webカメラやキャプチャーボードで取り込んだ画像は、「映像キャプチャデバイス」を使用します。

【OBS Studio】映像キャプチャーについて(ソースの追加・設定など) : https://hideshigelog.com/obscapture

OBSの設定

設定からいろいろと設定できます

「一般」、「配信」、「出力」、「音声」、「映像」、「ホットキー」「詳細設定」があります。

  • 「一般」:ほぼいじることはない
  • 「配信」:配信サイトの設定等
  • 「出力」:出力モードを「詳細」に変更し、「録画」や「音声」などの詳細設定を行います
  • 「音声」:マイクやデスクトップ音声を設定
  • 「映像」:解像度やFPSの設定

その他に、音声ミキサーやトランジッションコントールなどがあります。

【OBS Studio】の初期設定、初めて起動して確認すべきこと:https://hideshigelog.com/obssyokisettei

映像や音声にフィルターを掛けたり、ZoomやGooglemeetと連携して仮想カメラとしても使えます。

【OBS Studio 26.1.2】仮想カメラ機能実装バージョンリリース(Mac版)【新機能など随時更新】簡単な説明あり:https://hideshigelog.com/obsstudio26-1

まとめ

いろいろと設定できる項目もありますし、バージョンアップによって機能の追加もあります。

進化するソフトウェアです。

基本的な使い方でも十分役立ちます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-OBS Studio, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5