PR

【OBS Studio】Macでディスクトップ音声を出力する方法【必見】SoundFlowerとLadioCast

スポンサーリンク
OBS Studio
スポンサーリンク

MacでOBS Studioを使っていると、必ずといっていいほど音(音声)の問題に行き当たります。

キャプチャーボードやATEM MINIなどからの音声が録音できないのがそれにあたります。

Macの場合、例外もありますが、OBSでキャプチャーボードからの録音できません。

また、Mac内で音(音声)を鳴らしている場合(例えば、ユーチューブなどの)、それを聞くことはできますが、同じくOBS Studoで録音できません。

仮想オーディオデバイスを使用すると、録音できます(もちろん、例外がありますが)

仮想オーディオデバイスは、対応するものを選択してください。また、Macが不安定なる場合もあります。

これは、Macの仕様です。

おすすめキャプチャーボード(MACで使えます)

Mac版のOBS Studioの音声について

MacでOBS Studioを使う場合、外部マイクのみの場合は、OBS Studioのマイクの設定で接続しているマイク(例えば、USB接続しているコンデンサーマイクなど)を選べば、そのマイクからの音声は録音できますが、Mac版のOBS Studioではソースで映像キャプチャーデバイスを選択しても、音声ミキサーに映像キャプチャーデバイスは表示されません

*合わせて読みたい

【OBS Studio】音(音声)やマイクでの録音について

こちらのキャプチャーボードもオススメ(拘る人に)

Windows版OBS

「ソース」で映像キャプチャーデバイスを選択すると

音声ミキサーに映像キャプチャーデバイスが表示されます

Mac版OBS

音声ミキサーに映像キャプチャーデバイスが表示されません

映像キャプチャデバイスのプロパティに音声出力の設定がない

Windouws版のOBS Studioの音声(映像キャプチャデバイス)

Windows版のOBSでは、ソースで映像キャプチャーデバイスを選択した場合には、音声出力モードがあり、

音声ミキサーにも映像キャプチャーデバイスが表示され、映像キャプチャーデバイスの音声を録音することが可能(設定が必要)です。

*合わせて読みたい

【OBS Studio】音が録音できない場合の対処法(映像キャプチャデバイスの設定が必要です)

Mac版のOBS Studioでの映像キャプチャーからの録音について

Macでのディスクトップの音声(キャプチャーボードからの音声)を録音する場合はには、

SoundFlower(仮想オーディオデバイス)とLadioCast(ミキサーソフト)が必要になります。

注意点:M1MacやmacOS Montereyの場合は、仮想オーディオデバイスのSoundFlowerがインストールできませんので、Blackholeをインストールしてください。

いろいろと試しましたが、やはり、Blackholeが一番ベストですね。

GroundControlCubeはCASTERFreeバージョンに置き換えとなり、使いにくくなった(無料版では)と思います。

SoundFlowerのインストール

  1. Soundflower 2.0b2をからhttps://soundflower.softonic.jp/macダウンロードする。
  2. ダウンロードしたしたdmgファイルを開く
  3. インストーラーが作成され、ウィンドウが開くのでpkgファイルをダブルクリックで開く
  4. 「開発元未確認のため開けません」と表示される
  5. Macの「アプリケーションシステム環境設定」を開きます
  6. 「セキュリティとプライバシー」をクリックします。
  7. 「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:」を探し、「”Soundflower.pkg”は開発元を確認できないため、開けませんでした。」のそばに表示されている「このまま開く」をクリックします。
  8. インストーラー画面が立ち上がるので進める
  9. 「インストーラーが新しいソフトウェアをインストールしようとしています。」の確認メッセージが表示されるので、Macのログインで利用している「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「ソフトウェアをインストール」をクリックします。
  10. インストール作業が開始され、「インストールが完了しました。」と表示されるとインストール完了となります。

インストールが終わると、システム環境設定のサウンドの入力と出力に「Soundfloer(2ch)]」、「Soundfloer(64ch)」が現れます。

サウンドの入力設定

サウンドの出力設定

SoundFlowerは、仮想のオーディーデバイスということになります。

LadioCastのインストール(参考:【OBS Studio】LadioCastのインストールと使い方)

LadioCastはAppStoreにあります

AppStoreから普段どおりインストールしてください。

起動すると

LadioCastは、イメージ的には、ミキサーの役目になります。

SoundFlowerとLadioCastの使用方法(一例)

動画の音声をOBSで録音する場合、Macのサウンドの出力を「Soundflower(2ch)」に設定し、OBSのの「設定」「音声」「ディスクトップ音声:を「Soundflower(2ch)」にすればパソコンから聞こえる音をを録音できます。

なお、Macのサウンドの出力を「Soundflower(2ch)」に設定なので、Macからは音は出ません。音を出したい場合は、OBSの「音声モニタリング」をモニターと出力にしてください。

ビデオキャプチャー等を使って、音(音声)を録音したい場合、LadioCastの入力1にキャプチャーボードの設定、出力メインを「Soundflower(2ch)」に設定し、

OBSの音声のディスクトップ音声を「Soundflower(2ch)」にすれば、録音できます。

音声ミキサーに表示されます。

まとめ

音声の取り込み等上手くいかない場合はOBSやLadioCastの再起動をお願いします。

起動の順序は、LadioCastが先で、次にOBSの方がうまくいきます

コメント

  1. 齋藤丈治 より:

    ゲームの音の方が早くなってしまって,画面と合いません.どうしたらよろしいでしょうか?

    • hide3929 より:

      OBSのフレームレートやサンプリングレートを変更したり、同期オフセットを調整したりするしかないのかもしれません。

    • てつびん より:

      ソース(音声入力)のデバイスにディレイのフィルターを掛けると解決します。OBSにはディレイがありませんから、FreeのVSTプラグイン(例えばSoundhackのDelay)をインストールしてからOBSを起動。音声フィルタ画面で「VST2.0プラグイン」を追加。{Please select….}からDelayを選択。「プラグインインターフェースを開く」ボタンをクリック。Delayの設定で大事なのは、原音0%、エフェクト音100%にすること。フィードバックやモジュレーションは掛けないこと。プラグインの仕様にもよりますが千分の1秒単位で、音声を遅らせることができます。

    • ひらお より:

      普通にLadioCastで一つの出力AuxをMacのスピーカーに設定すればいいですよ

  2. MM より:

    Macの話で、デスクトップ音声と映像キャプチャデバイスの話を同列で話をしているようですが、分けて話をした方がよくないですか。ソース、仕様と挙動が異なるものですけど。

    デスクトップ音声は書かれているように仮想オーディオデバイスが必要です。
    映像キャプチャはそうとも限りません。ATEMなどのUVC/UACデバイスは「映像キャプチャデバイス」で映像(UVCの部分)をOBSに追加でき、「音声入力デバイス」で音声(UAC)の部分を追加することができます。
    Blackmagic Design UltraStudio Recorderをアフィリエイトで貼られているようですが、こちらは「Blackmagicデバイス」で映像と音声両方OBSのソースとして追加できます。
    検索上位に出てくるページなので、どうか正しい情報をお願いします。

  3. karuisi より:

    Soundflowerがインストールできません。どうすればいいですか?

    • hide3929 より:

      Soundflowerはインストールできない場合が多いみたいです。システム環境設定を変更すれば可能でした、私の環境では。

  4. Masaya より:

    Appleシリコン(自社開発M系CPU)でかつ「macOS Ventura」になってから、外部ドライバーが不要になりました。

    「ScreenCaptureKit」が、映像・音声キャプチャー標準ドライバーとなっています。

    今後はOBSを立ち上げ、「macOSスクリーンキャプチャ」を選択し、撮影したいウィンドウ・モニター・アプリケーションを選択すれば、自動で映像・音声共に収録可能です。

タイトルとURLをコピーしました