スポンサーリンク

OBS Studio オンライン

【OBS Studio】Switchのゲーム動画をOBS Studioで録画

以前、ブログで

【OBS Studio】Macでディスクトップ音声を出力する方法【必見】

を投稿しました。

Macで映像キャプチャの音声は録音できない?のか、本当にそうなるか、

Switchを購入したので、Switchのゲーム動画をMacのOBS Studioで録画(配信)します

OBS Studioの導入や一連の流れは

【OBS Studio】使い方(一連の流れ)

【OBS Studio】インストールから設定、録画まで

を参照ください。

スポンサーリンク

はじめに

準備

Mac:M1Macではありません、Intelマック16インチ 2019年モデル

OS:macOS Monterey v12.1

OBS Studio:v27.1.3

キャプチャーボード:MiraBox HD VIDEO CAPTURE USB3.0

参考に:【OBS Studio】OBSで使用するオススメの映像キャプチャーボードの紹介!人気商品に訳がある

Switch:有機ELモデル

使用したキャプチャーボード

比較的安価なキャプチャーボードでも可能ですが、惜しい部分もあります。

  • インターフェイス USB 2.0
  • 最大録画解像度 1080p/30fps(60fps対応でない)
  • パススルー機能がない
  • 古いパソコンでも使用可能だが、遅延やコマ落ちがある

参考までに:Amazon¥1580円のHDMI Video Captureが普通に使える件

セッティング

Macには、Thunderbolt端子(USB-Cタイプ)しかないので、このキャプチャーボードを使用する場合は、変換ケーブルを使用するか、

USB-Cに対応したハブを使用します。いろいろとあります。

接続

簡単ですが、キャプチャーボードの接続図になります

MiraBox VIDEO CAPTUREをUSB-Cハブ経由でMacに接続すると、

システム環境設定の「サウンド」の「入力」にMiraBox Video Captureが現れます。

Elgato Game Capture HD60 Sでは、選択できるデバイスとして現れませんでした。

やはり、ここに認識される必要があります

ATEM Mini ProやHDMI Video Captureは出現しました

Switchからの音声(ゲーム音)

USB-Cハブ経由でビデオキャプチャーを接続して、OBS Studioを起動し、映像キャプチャで、映像は取り込めます。

しかし、Mac版のOBS Studioの映像キャプチャーデバイスには音声出力モード(音声デバイス)がないので、音声は出てきません。

そこで、「ソース」から「音声入力キャプチャ」を選択し、「デバイス」で使用しているキャプチャーボード(今回はMiraBox Video Capture)を選択します。

「音声ミキサー」には「音声入力キャプチャ」が表示されますが、Switchからの音声は取り込めません(音声バーが動きません)。

やはり、【OBS Studio】Macでディスクトップ音声を出力する方法【必見】、この方法なのかもと思いながら

試しに、一旦、OBS Studioを終了して、MiraBox VIDEO CAPTUREを接続しているUSB-Cハブから外し、LadioCastを起動します。

その後に、MiraBox VIDEO CAPTUREをUSB-Cハブに接続します。

参考までに:【OBS Studio】LadioCastのインストールと使い方

この順番が重要になります。

LadioCastを起動→キャプチャーボードを接続→LadioCastでキャプチャーボードを選択→OBS Studioを起動し設定

また、MacのAudio MIDI設定でキャプチャーボードのフォーマットを確認し、LadioCastの環境設定でサンプルレートを合わせるようにしてください。

LadioCastを起動のみで大丈夫な場合もありますが、音声が入っているのを確認する目的で

LadioCastでは、「入力1」に「MiraBox Video Capture」を選択してバーが動くようにします。

その後、OBS Studioを起動して、そこで、「ソース」から「音声入力キャプチャ」を選択し、「MiraBox Video Capture」を選択

すると、ちゃんとSwitchの音声が入力されます。

仮想オーデイオデバイス(SoundFlowerBlackholeなど)のインストールは行っていません。

仮想オーデイオデバイスをインストトールした場合、ノイズが入って聞き取りにくく鳴ります(MiraBox HD VIDEO CAPTUREの場合ですが)

今回試した環境なのかもしれませんし、MacOSのアップデートの影響やLadioCastなのかもしれませんが、

OBS Studioを起動する前にLadioCastを起動しすれば(「入力1「を設定すれば)、キャプチャーボード(HDMI出力)からの音声が録音できます。

試しにATEM Mini Proでも同じことを試みましたが、「MiraBox Video Capture」と同じく映像と音声は録画できました。

まとめ

MacでOBS Studioを使っていると、必ずといっていいほど音(音声)の問題に行き当たります。

映像キャプチャには音声を設定するところはなく、いろいろと設定が必要ですが、

LadioCastを起動するだけで、映像キャプチャからの音声取り込めます。

不必要な仮想音声デバイスをインストールしなくてすみます。

注意;

すべてを検証したわけではありません。個人の環境なので、全てがこの方法でうまくいくとはかきりません。

また、機材の影響もあります。

これが毎回うまくいく方法ではありません。時々、キャプチャーボードかの音声が繰り返し音声になったりします。

安定性を取るなら、Windowsで行った方が良いと思いますが・・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-OBS Studio, オンライン

© 2022 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5