スポンサーリンク

Mac オンライン

【必見】macOS 11 Big Sur&Apple Silicon対応の仮想オーディオプラグイン「GroundControl Cube」

スポンサーリンク

はじめに

Macの場合、音声やオーディー録音する場合、苦労します。

今までは、「SoundFlower」をインストールして使用していましたが、M1搭載のMacではインストールできませんし、「SoundFlower」の開発は終了したため、今後OSのアップデート等で使用できない可能性があります。

そこで、「SoundFlower」をアンインストールして、「GroundControl Cube」をインストールしたので紹介します。

インストール後は、「SoundFlower」と同じ用に使えまし、「GroundControl CUBE」では仮想オーディオ・ドライバと専用のコントローラーもインストールされます

GroundControlとは

「SoundFlower」のようにMacに仮想オーディオ入出力装置を作成してくれる仮想オーディオプラグイン&アプリが「GroundControl CUBE」です

現在、仮想オーディオ入出力デバイスの「Soundflower」は、開発を終了して以降、同じような機能を持ったLoopbackBlackHoleプラグインがありますが、なかなかとっつきにくいのが現状です。

GroundControlは、インストールするだけでSoundflowerやBlackHoleのようにMacに仮想オーディオ装置を作成してくれます。

また、「GroundControl」はmacOS 11 Big SurとApple Silicon Macにネイティブ対応したプラグインとなっており、192kHz/64 Channelsと入出力装置の接続とボリュームを調整できるアプリ「GroundControl Cube」が実装されています。

OBS Studio、Zoom、Google Meetなどで利用可能です。

特に、ゲーム等の映像キャプチャーする場合の音声等に使えます。

ホームページよりダウンロード

ホームページ:https://www.gingeraudio.com/

メールアドレスを入力して、「ダウンロード」を押すと、メールが届きます。

メールの内容から「Download」を押すと、「GroundControl Cube」がダウンロードされます。

GroundControl Cubeのインストール

ダウンロードしたファイル「GroundControl Cube」をダブルクリックしてインストールしてください。

普通にインストールできます。

GroundControl Cube

ツールバーで確認すると、

コントロールパネルのサウンド設定では、

入力側

出力側

GroundControl 2ch、GroundControl 16ch、GroundControl 64chの3つがインストールされます。

専用コントローラー(ソフト)もあり、コントロールが可能です。

注意点

「IN」入力が、GroundControlのみとなるので注意が必要です。

キャプチャーボード等の音声を取り込む場合などは、やはり、「LadioCast」を使用したほうが簡単に取り込めます。

LadioCastの使い方

LadioCastはAppStoreにあります

AppStoreから普段どおりインストールしてください。

起動すると

LadioCastは、イメージ的には、ミキサーの役目になります。

LadioCastの入力設定と出力設定

LadioCastの入力設定

入力1や入力2に入力する音声を設定します。例えば、ビデオキャプチャーの音声や外部マイクの音声を選択

出力の設定を「メイン」や「Aux1」など出力先を選びます。

LadioCastの出力設定

出力では、「GroundControl 2ch」や「GroundControl 16ch」を選び、選んだ出力先をOBS Studioの音声入力と一致させます。

また、出力先を「MacBook Proのスピーカー」にするとMacBook Proから音声が出ますが、ハウリングには注意が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Mac, オンライン

© 2021 MQG / hide3929 Powered by AFFINGER5